大阪の映像制作・画王エンターテイメント|動画撮影やDVD作成はお任せ下さい

ミュージックPV

理想を詰め込んだPVでムーブメントを創る

インターネットの通信環境の発達やデジタル機器の普及などで、レコード会社に所属しないミュージシャンもセルフプロモーションができる時代になりました。
バンドや曲を売り出すのに、今ではPV(=プロモーションビデオ)が強力な武器になっています。
日本レコード協会の調査によると、音楽ファンはテレビよりYouTubeをよく観ていて、新譜を買うキッカケの70%がPVなどの映像だということです。
画王エンターテイメントでも近年野外ロケやライブ映像を使ったPV制作が増加。編集効果で画面を汚すダメージや光のレンズフレア、被写体が激しく揺れ動くグランジなどの加工を施し、独自の映像世界を創作しています。
アーティストの渾身の1曲に映像という付加価値をつけ、ムーブメントを起こすお手伝いができれば幸いです。

ミュージックPV業界への挑戦

  • 低価格と高品質の両立
  • お好みの画質と色調でシネマルックを再現
  • 特殊効果による高度な編集技術
  • 実写映像とアニメーションのコラボによる別世界の創造
  • 倉庫や廃墟、海辺に山奥…多彩なロケーション対応
  • PV制作時の充実した演技指導

ミュージックPVの表現手法例

あらゆるジャンルの楽曲をオリジナルムービーに最適化

●イメージムービータイプ
まずは楽曲をもとにヒアリングを行い、PVの映像構成イメージのすり合わせを行います。
映像の要素は屋内外での演奏シーン、アーティストやエキストラが出演するイメージシーン、それに自然や都会の街並みなどのイメージシーンが代表的です。
クールに、サイケに、キッチュに、可愛らしく…。
アーティストの思いのままの作り込みができます。
●ドキュメンタリ−タイプ
作者のインタビューと音楽&映像で、楽曲の誕生秘話をドキュメンタリータッチで綴ります。伝えたいメッセージは何なのか…。
歌詞とメロディーに込められた意味や想いなど、アーティストの側面を多角的に描きます。
単なるPVの枠を超えた新しい映像表現で、ストーリー性とデザイン性の高い作品に仕上げます。

低コスト制作を実現するためのお願い

画王エンターテイメントでは、PV制作のハードルを少しでも下げるため、クライアントであるミュージシャンの方々にご協力をお願いしています。
出演するエキストラの手配や撮影場所の確保には人脈も必要になってきます。
例えば演奏シーンは馴染みのスタジオやライブハウスを抑えていただき、具体的なロケ候補地をピックアップしていただけると助かります。
余計な作業時間を省くことによってコストパフォーマンスの高いPV制作が実現できるのです。

映像制作は高額なイメージを持たれがちですが、画王エンターテイメントでは適正な価格で高品質なムービーをご提供しています。
お気軽にお問合せください。