大阪の映像制作・画王エンターテイメント|動画撮影やDVD作成はお任せ下さい

会社案内ビデオ

誇張や歪曲化せず、“らしさ”や“ならでは”をリアルに描く

自社の強みをアピールしながら他社との差別化を図り独自性を創ります。競合市場で優位な点は何なのか?
「商品力」「技術力」「サービス力」「スピード感」「価格」「歴史」「製造工程」「材料のこだわり」など、優位性を再発掘。
等身大の魅力をオウンドメディアなどで発信することで、認知度を高めて新たなファンの獲得や商談の成約アップにつなげます。

会社案内ビデオの活用例

  • 営業やプレゼンの資料に
  • 自社のウェブサイトに
  • 新卒や中途採用の求人募集に
  • 展示会やイベント用に
  • プレスリリースに
  • 社史や記念DVDに

会社案内ビデオの表現手法例

ヒトで、シゴトで、イメージで伝える

事業内容紹介タイプ
フリーアナウンサーやリポーターが出演したり、プロのナレーターが原稿を読んだりする、会社案内ビデオのオーソドックスな手法がイチ押しです。
企業カラーに合った人物を起用することで自社のイメージアップを図ります。
また事業内容などを第三者が顧客目線で紹介することで視聴者の共感と信頼性を向上させます。
一方、会社の広告塔として名物社員が出演して自社を紹介する方法もアリです。コスト面では余計な出費を抑えられ、独創的な演出が可能になります。従業員のキャラクター頼りの部分もありますが、親しみやすくてユニークな仕上がりが期待できます。
インタビュー・ドキュメンタリ−タイプ
日常業務の密着シーンと社長や従業員のインタビューを織り交ぜたドキュメンタリータッチの会社案内ビデオです。仕事への情熱や会社の志望動機、将来のビジョンなど生の声を伝え、商談シーンでは顧客の声も収録して企業価値を高めます。ドキュメンタリー風に描くことで職場の空気感や人間関係などもリアルに伝えることができます。
またインタビューを中心に収録し、お話に合わせて映像を編集するシンプルな手法も人気です。
イメージムービータイプ
社内のヒトやモノだけでは伝えきれない世界観や言語化できない雰囲気をイメージ的に作り込みます。CMのようなメッセージ性の強いものやCG・アニメを駆使して、別次元から視聴者にアプローチします。

会社案内ビデオのシナリオ例

シーン1 オープニング
  • 会社の業種と特長を魅力ある表現で説明

※ビデオを観賞してもらう第一関門であるファーストシーンはコンパクトに

シーン2 タイトル
  • 象徴的な映像をバックに事業内容と社名などをタイトルとして表記

※「何の会社か」を印象付ける

シーン3 事業規模・事業内容
  • 本社所在地、事業規模、事業内容などを紹介
  • 主力事業や強み(業界でのポジション、会社のウリ)など優先順位をつけてクローズアップ
  • 製造設備や製品、サービスなど、優れた点をアピール
  • 適材適所で従業員にインタビュー

※全体像から細部へと徐々に深く鋭く掘り下げていく